有泉歯科医院 HOME > 歯を失った場合の治療

歯を失った場合の治療

インプラント治療

顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント体)を埋め込み、それを支えにして人工歯を装着・固定して、失われた歯を再構築する治療法です。
骨を支えにして単体で固定され、一本一本が自立しているため健康な他の歯を削ったり負担をかけることはありません。歯茎のラインや歯の色や形も天然歯と同等で審美性が高く、かむ力がしっかりと取り戻せます。
一方、歯根から再構築させるため、精密検査や外科手術、場合によっては骨を増やす処置など処置段階が多く治療期間も長くなります。
当院では、患者さんの安全とインプラントの長期保存を確立するために、実績のあるインプラント専門医による施術を行っております

 インプラント担当医  
    橋口 隼人 先生
          橋口歯科 赤坂ガーデンシティー
  経歴  
   日本歯科大学生命歯学部卒業
  ・ 国際医療福祉大学三田病院歯科口腔外科勤務
  ・ 共済立川病院歯科口腔外科勤務

  ・ 日本口腔外科学会
  ・ 日本有病者歯科医療学会認定医
  ・ Infection Control Doctor
  ・ 日本顎口腔インプラント学会
  ・ 日本口腔インプラント学会
  ・ バイオインテグレーション学会
  ・ 日本顎咬合学会

入れ歯治療

失われた歯を、取り外しができる人工歯で補います。歯の本数や位置により、部分入れ歯・総入れ歯が選択でき、保険適用から自由診療の範囲まで、様々な種類や素材が選べます。ブリッジやインプラントと比べて費用・治療期間ともに負担が軽いのが特徴です。

ブリッジ治療

失われた歯を、隣接する健康な歯と歯の間に橋を渡すように、一体化した人工歯冠で補います。安定性が高くかむ力も十分に再現でき、治療期間も比較的に短くすることができます。保険適用から自由診療の範囲まで、様々な素材が選べます。